ここから本文です。

GlobalXpander Tokyo 開発途上国へのグローバル展開をサポート

現地でビジネス化を目指すスタートアップ企業の成長を促進し、
グローバル展開を後押しするスタートアップ支援事業です。

  • (スタートアップ向け)モデル事業への応募 応募は締め切りました
  • (支援者向け)「支援機構」入会申込 入会受付中

新着情報

NEWS & EVENT

GlobalXpander Tokyoとは

ABOUT

開発途上国の社会課題解決を目指す
スタートアップ企業の
ビジネス化を支援します!

GlobalXpander Tokyoは開発途上国への進出を目指す東京都内スタートアップを支援する事業です。開発途上国においては、保健、教育などの基礎的ニーズ分野での課題だけでなく、急速な発展により生じた都市型課題や環境分野の課題など様々な社会課題が存在します。

その一方、急速に発展する市場に参入することで成長機会が広がる可能性も秘めています。本事業では、開発途上国の社会課題解決に資する技術を持ち、現地でビジネス化を目指すスタートアップ企業を支援いたします。

本事業の3つの特徴

  1. 1. 物資調達支援

    進出を希望する開発途上国における検証実験を含む事業を実施する上で、必要となる資源の調達をサポートします。

  2. 2. 伴走支援

    各社ごとに、コンサルタントとベンチャーキャピタルが伴走支援を行います。

  3. 3. 支援機構による支援

    開発途上国内のネットワークや進出ノウハウ、専門的知見を有している企業や団体等を集めたオンラインコミュニティ(支援機構)を構築し、スタートアップのニーズに応じた支援機構による支援を提供します。

調査・検証スケジュールと事務局による支援のイメージ

SUPPORT

事務局による支援(例)

  • FS・検証計画策定

    • 伴走支援チームを中心にモデル企業の計画策定とデスクトップ調査を支援(支援方針及び内容についてはモデル企業とはじめに協議・合意)
    • 必要に応じ国内外のアドバイザーや専門家との意見交換を行い、検証の対象、検証内容、必要な準備、注意点などをアドバイス
  • FS・検証の準備

    • 伴走支援チームと現地コンサルタント等が連携し、計画に基づき必要な準備を支援
    • 極力可能な準備や手配は渡航前に実施し、現地とのオンラインインタビューも活用
    • 社会的インパクト評価指標の策定及びデータポイント取得に関わるアドバイスも提供可能
  • FS・検証の実施

    • 国内伴走チームも一部現地渡航に同行し、現地コンサルタントと協働して現地調査・検証実験を支援
    • 現地でのロジ面の支援に加え、ヒアリングのリード、検証内容のアドバイス、テストマーケティングのサポートなどを提供
  • FS・検証後のフォロー

    • 検証で判明した現地ニーズやマーケット受容性の整理を支援し、次のステップや出口について助言
    • VC/CVC等資金面での協力が見込める主体や、国際機関、企業、インキュベーターなどビジネス支援・連携が見込める主体、さらにSU/投資支援公的機関等とつなぎ、実装・拡大フェーズへ橋渡し

本支援例はあくまでイメージであり、実際の支援内容はモデル企業との協議及び各種実施可能性に基づき決定します。

調査・検証スケジュール(案)

2024年1月 ~ 3月末 計画策定・事前調査
2024年4月 ~ 6月中旬

現地渡航 ①

各渡航での主な実施事項(例)

  • 基礎情報収集・調査
    外部・内部環境の調査、事業仮説(顧客セグメント検討)の設定
  • ニーズ調査
    CPF検証(顧客検証、課題検証)
  • ソリューション検証
    PSF検証、ニーズへの適合、競合優位性の検証等
  • PoC計画の検討
  • 初期的な海外展開ビジネスプランの検討
    製品・サービス概要の見直しとビジネスプラン(想定顧客、ニーズ、競合優位性、市場規模やビジネスモデル案等)の作成
2024年7月 ~ 9月中旬

現地渡航 ②

各渡航での主な実施事項(例)

  • PMF検証
    PoC/テストマーケの計画、実施、受容性および収益性の検証
  • 修正と検証
    ソリューションの再カスタマイズ、事業性の確認、顧客・パートナーリストの更新
2024年9月下旬 ~ 12月上旬

現地渡航 ③ 及び 報告書の作成

各渡航での主な実施事項(例)

  • 実装準備
    導入・展開体制及びロードマップの策定、販路開拓手法検討、パートナー探索
  • ヒアリング
    潜在的なビジネスパートナーや現地パートナー、メンターなどとビジネスプランの検討
  • 詳細なビジネスプランの作成
    具体性・実効性を高めたビジネスプラン(収支計画、事業ロードマップや撤退基準等を含む)の改訂
  • 現地パートナー獲得
    展示会出展
  • クライアントの獲得・導入
    契約(LOI、NDA、MOUなど)
2024年12月上旬 ~ 2025年2月末 成果とりまとめ
2025年3月 成果報告会

渡航回数・期間は各モデル企業と相談して決定

事業スケジュール

SCHEDULE

事業スケジュール
  1. ※1スケジュールは変更になる可能性があります。
  2. ※2成果報告会(2025年3月を予定)についても、原則参加をお願いしています。

採択企業

PARTICIPATING COMPANIES

  • 株式会社Ashiraseのロゴ

    株式会社Ashirase

    視覚障害者向け歩行ナビゲーションシステム「あしらせ」による当事者へ向けた単独歩行支援サービスの調査・検証

    タイ
  • デザミス株式会社のロゴ

    デザミス株式会社

    人工知能(AI)搭載型ウシ行動モニタリングシステム「U-motion ®」を活用した牛の健康管理自動化サービスの調査・検証

    インド
  • 株式会社スマートシティ技術研究所のロゴ

    株式会社スマートシティ技術研究所

    スマートフォンを活用した次世代道路管理プラットフォーム「GLOCAL-EYEZ」によるクラウド型道路点検サービスの調査・検証

    ウズベキスタン
  • 株式会社BEAM Technologiesのロゴ

    株式会社BEAM Technologies

    人体に安全性の高く、病害虫への殺菌効果が高い「Far-UVCテクノロジー」による陸上養殖の新しい魚病感染症対策技術の普及にかかる調査・検証

    タイ
  • エフバイタル株式会社のロゴ

    エフバイタル株式会社

    療育機関向け動画解析AI技術を活用した発達モニタリングサービス「Baby Track Develop」および保護者・療法士向け発達障害支援アプリ「Baby Track Navi」の普及にかかる調査・検証

    • タイ
    • カンボジア
  • Zip infrastructure株式会社のロゴ

    Zip infrastructure株式会社

    都市部においてカーブを含む自由な路線で運行可能な都市型新交通システム「Zippar」にかかる調査・検証

    • フィリピン
    • インドネシア
    • ベトナム
  • 株式会社LX DESIGNのロゴ

    株式会社LX DESIGN

    複業で先生をしたい人と学校をつなぐ教育特化型の外部人材マッチングサービス「複業先生」による社会に開かれた教育課程の推進に関する調査・検証

    • インド
    • タイ
  • サグリ株式会社のロゴ

    サグリ株式会社

    衛星データによる農地区画化・土壌解析を通じた肥料最適化と、脱炭素による農業由来のカーボンクレジット創出の実現にかかる調査・検証

    • カンボジア
    • フィリピン
  • 株式会社Darajapanのロゴ

    株式会社Darajapan

    日本と新興国を繋ぐコホート学習型ITスクール「IMANI Hacking Bootcamp」による新興国でのIT人材育成と開発・就業支援サービスの調査・検証

    モーリシャス
  • 株式会社こたつのロゴ

    株式会社こたつ

    エシカルアパレルブランド「SHIFT 80」による社会的・環境的課題への対処と持続可能な開発に貢献する独自サイクルの創出の調査・検証

    ケニア

対象国及び調査・検証内容は変わることがあります。

モデル事業への応募方法

GUIDELINES

応募は、2023年11月30日に締め切りました。

対象とするスタートアップ
  • 開発途上国への海外展開を志し、近い将来、対象国での事業開始を計画しているスタートアップ
  • 革新的なアイデアに基づくビジネスモデルにより、新たなビジネス領域で成功し、急速に成長することを志向するスタートアップ
  • 創業(第二創業含む)後10年以内の都内の法人(支店、営業所等の都内に事業所を有する事業者を含む)
重点分野 都内スタートアップ等による、基礎的ニーズ分野(保健、教育、食・農業、ジェンダー等)、都市課題分野(交通、防犯、金融、通信・デジタル化等)、環境分野(水、気候変動、環境保全等)といった分野を優先しますが、他の分野も応募可能です。
調査を実施する対象国

Development Assistance Committee(DAC)のOfficial Development Assistance(ODA:政府開発援助)の受取国リスト(2022-2023年度版)に記載のある国・地域を対象とします。
参考:DAC-List-of-ODA-Recipients-for-reporting-2022-23-flows.pdf(oecd.org)

調査及び実証実験を行う地域は、外務省が公表する危険情報においてレベル1以下の地域とします。
参考:海外安全ホームページ:海外安全情報 地図からの選択(mofa.go.jp)

対象となる調査フェーズ

本事業は、開発途上国を対象としたフィージビリティ・スタディを行うものであり、初期仮説立案、ニーズ調査、詳細調査(検証)、パートナー開拓戦略検討のフェーズを対象とします。

海外展開ステップ
採択件数 10件程度
契約形態

採択企業(以下、企業)は、GlobalXpander Tokyo運営事務局と業務委託契約を結び、検証実施を含む本事業を実施します。

  • 本事業を通じた検証の成果・知的財産等は企業に所属します。
  • 東京都からの委託、及びGlobalXpander Tokyo運営事務局が事務局として実施する業務の企業への委託ではありません。
応募方法 以下の募集要項及び応募様式をダウンロードの上、募集要項に記載の方法で応募様式をご提出お願いします。
(応募締め切り:2023年11月30日(木)17時厳守)
公募説明会

2023年11月8日に実施した説明会の動画視聴をご希望の方は、以下よりお申し込みください。

よくあるご質問 よくあるご質問をPDF(338KB)でご覧いただけます。

支援機構の設立

SUPPORT ORGANIZATION

GlobalXpander Tokyo

支援機構の目的

開発途上国進出×スタートアップ支援に特化したオンラインの支援者コミュニティを構築することで、

  • スタートアップが課題に直面した際にコミュニティ内の適切な主体からの支援を提供できるようにする
  • スタートアップと支援メンバーの協業/提携/連携機会の創出を促進する
  • 支援委機構コミュニティに属するメンバー同士の横の繋がりの活性化を図る

支援機構に参加するメリット

  1. 開発途上国への進出を目指すスタートアップとの連携機会の発掘

  2. 開発途上国で活躍する、国内外のメンバー同士が交流できる機会の提供

  3. 開発途上国の課題解決に挑戦するスタートアップへの支援を通じた社会貢献

その他、活動内容や会員、入会方法等